三原だるまを、もっと多くの人に知ってもらおう。

プログラミングを、もっと多くの子供たちが体験できるようにしよう。

その2つの思いを合体させて生まれたプロジェクトです。

 

その第一弾として、三原だるまをプログラミングで動くようにしちゃおう!

というワークショップを開催します。

だるまに、おしゃれなLEDテープの鉢巻きを巻いて、

ピカピカ光るオリジナルの三原だるまを、一緒に発明してみませんか?

広島県三原市でつくられるだるまは

『三原だるま』と呼ばれ、 願いが成る

ように鳴物の鈴や小石が入れられ、

豆絞りの鉢巻を締めている等の特徴が

あります。

三原神明市とは、『だるま市』とも

言われる地域を代表するお祭りです。

だるまは、達磨の坐禅姿を模した置物ですが、さまざまな種類があります。

プログラミング教育は、2020年小学校で必修化されますが、いまや21世紀を

生き抜くリテラシーの1つと言われて

います。センサーをつかってLEDを

光らせたり、ロボットを思いどおりに

動かしたり、プログラミングは論理的に

考えたことを動きで表現することが

できます。

小学生向けの教材はビジュアル言語を

使うため、初めてでも楽しんで学習

することができます。

みなさんの自由な発想で、だるまの表情をつくって遊んでみましょう。 どんなだるまができるでしょうか? ひょうきんなだるま?  笑いがたえないだるま?  少しとぼけただるま?まるで、へのへのもへじを書くように、楽しんでだるまの表情をつくります。世界に一つだけのオリジナルだるまを作りましょう!

カオ/ イロイロ / クミアワセル 

= オリジナル/ミハラダルマ

ハチマキ/イロイロ/ヒカラセル 

= アタラシイ/ミハラダルマ

だるまの七転び八起きの性質をつかって、だるまのハチマキをピカピカといろんな色に光らせて見ましょう! イギリスの公共放送局であるBBCが、教育用に開発したマイクロビット(micro:bit)という教材を、だるまのカラダの中に埋め込んで、傾けることで加速度センサーを反応させ、LEDテープを光らせます。

シュサイ コンナヒト。

広島県三原市出身。

松下政経塾35期生として、科学技術政策および教育政策を研究。

その後、三原へUターン。

一般社団法人RoFReC代表理事として教育事業に携わる。

広島県立三原高等学校非常勤講師。

イツ ヤルノ?

2020年神明市で、展示を行います。

ヒニチ 2月7日(金)~9日(日)

ジカン 未定

バショ 神明会館

 (広島県三原市東町2-7-2 神明会館)

​遊びにきてくださいね。

チュウイジコウ

・神明市での展示ブースは、日中にオープンしています(明るいうちに、おこしください)​。

・当日、神明会館付近は、歩行者天国となります。

​コレマデノジッセキ

・2019年9月29日(日)に、MAKE!REMAKE!ミハラダルマを、初開催しました。満員御礼となり、イベントの様子は、三原テレビ放送で放送されました。

・MAKE!REMAKE!ミハラダルマプロジェクトのロゴデザインが、HADC審査員特別賞を受賞しました。

​詳しくは、コチラ

・2019年11月24日(日)に、MAKE!REMAKE!ミハラダルマの第二回目を、開催しました。満員御礼となり、笑顔あふれるイベントとなりました。

アセット 40_4x.png
アセット 41_4x.png

- ​後援 -

助成:(公財)福武財団(ベネッセグループ関連財団)

後援:三原市教育委員会

Copyright © RoFReC inc. All Rights Reserved.