Message

メッセージ

私は体が弱かったので小学校2年生の時に剣道を半ば無理やりに始めさせられました。痛いし、暑いし、寒いし、負けたら悔しいし、何度もやめたいと思ったのですが、今でも続けています。何故続けられたか?私の場合は、ふと“理屈”がわかる瞬間があって、これが嬉しかったからだと思っています。 自然界や私たちの思考や行動の中にある因果関係を見つけることは本当に面白いことだと思っています。理屈つまり道理を追求することによって無理が少なくなるはずですよね。世の中のもの何一つ無駄なものは無いと思います。私は、みなさんが、「文」も「武」も、「文」も「理」も関係なく、様々な事に興味を持ち続けて下されば、世の中は豊かであり続けると信じています。継続は力なりです。

香川 直己 先生

福山大学 工学部長 教授

岡山県出身 岡山大学工学部電子工学科/岡山大学大学院自然科学研究科博士課程システム科学専攻修了 博士(工学) 1993年 福山大学 工学部助手、講師、准教授を経て2007年同教授。現在 工学部長。

専門分野:電子機器学

社会活動:ETロボコン中四国地区実行委員長  中四国学生剣道連盟 教育担当理事

所有資格:第一級陸上無線技術士、電気通信主任技術者、第三種電気主任技術者

剣道 錬士六段

他のメッセージを見る

岡田 浩之 先生
香川 直己 先生
安藤 満佐子 様
村上 憲郎 先生
松田 孝 先生

Copyright © RoFReC inc. All Rights Reserved.