top of page

総務省・安藤満佐子様をお迎えし、勉強会を開催しました。

RoFReCの岡田吉弘です。


総務省情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室 課長補佐・安藤満佐子様を、講師にむかえて、勉強会を開催しました。


開催日は、なんと、年度末の最終日の3月29日(金)!


年度末の大変お忙しい中にもかかわらず、東京からおこしくださり、

政府としてのICTやプログラミングの学びの場づくりの方針や展望について、

お話いただきました。


経緯を簡単に説明すると、

昨年6月に、RoFReCが総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業を受託し、

三原でのプログラミング教育が一気に加速しました。


実証期間中は、安藤様をはじめ、総務省の担当者の皆様と連携をとりながら進めてきましたが、

昨年10月のロボットプログラミング体験講座を視察してくださり、

さらには、今回は勉強会の講師としてお越しくださったことに、

勇気づけられた思いでした。


また、安藤様の話ぶりから、本事業への思い入れを感じました。

思いを持った人たちと、前向きな仕事をともにできたことを、

とても嬉しく思いました。


勉強会の終わりに実施したアンケートによると、

「ICTの未来を、国も本気で取り組んでいることを知れてよかった」

「他地域の地域ICTクラブの活動内容について知ることができて、とても参考になった」

等のコメントをいただき、とても好評でした。


「熱意は磁石」ですね。

今後も、志と熱意を持ち続けて、前向きな人たちと力をあわせて、前進あるのみ!!



アクションセンター三原での勉強会の様子

三原市役所での勉強会の様子

閲覧数:200回0件のコメント
bottom of page