• 吉弘 岡田

第三回プログラミングワンダーランドの二日目を開催しました。

夏休みに開催しているプログラミングワンダーランド。

二日目を無事終えることができました。


プログラミングワンダーランドの一連の講座の中で、

大事な内容となる「聞き取り調査」。

コミュニケーションロボット・ロボホンを設置する現場へ出向いて、

子供達自らが、現場の要望をヒアリングをします。


コミュニケーションロボット・ロボホンを教材としてプログラミング学習をしますが、

単にロボホンを使って勉強するだけでなく、

現場の課題解決や業務改善のために、ロボホンを活用することを目指しています。


ですから、子供達にとっては、「サービスづくり」を体験する機会となると思います。



今回、ご協力してくださるのは、

うきしろロビー(三原観光協会)↓↓↓


駅前ドレミ園(保育園)↓↓↓


Bingo Sun Market(三原駅前の八百屋さん)↓↓↓


地域の人たちの子供達を育てようとする、あたたかい姿勢に本当に感謝しています。

三原商栄会連合会をはじめ、現場の皆様、ありがとうございます!


現場から戻ってきたら、聞いてきたことをふまえて、

「どんなふうにロボホンを活用するか?」

「ロボホンが現場に貢献できることは何か?」

をチームで話し合いを行いました。


はやいチームは、さっそくプログラミングをスタートさせていました。


第三回プログラミングワンダーランドの二日目を無事終えることができました。

次回はいよいよ最終回!

子供達の夏休みのいい思い出になるように、メンターの皆さんと力をあわせて頑張ります。


※プログラミングワンダーランドは、「ロボットを思いどおりに動かそう」の教育イベントです。対象は、中学生・小学生(高学年)です。場所は、アクションセンター三原。商店街のお店に、コミュニケーションロボットを置くことを目標に、プログラミング学習に取り組みます。2018年度に総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業として講座を立ち上げ、今回で、第三回目の開催となる実績ある講座です。

65 views

Copyright © RoFReC inc. All Rights Reserved.