top of page

第三回プログラミングワンダーランドを無事終えることができました。

ロフレック岡田です。

夏休みのプログラミングワンダーランドの講座を、無事終えることができました。


総務省・地域ICTクラブとして発足した本講座は、

本当に多くの方に支えていただき、第三回目を開催することができました。


プログラミングワンダーランドのチャレンジは、

子どもたちのプログラミングするコミュニケーションロボット・ロボホンを、

商店街に設置すること。


三原の最大のお祭りであるやっさ祭りの時期にあわせて、お盆休み中に設置します。


プログラミングをする上で、

「みなさんは、ロボットをつかったサービスをつくる」

ということをことを強調。


子どもたちが自ら、商店街でフィールド調査を行いましたが、その調査内容を踏まえて、

ロボット活用の仕様を考え、その上でプログラミングを行いました。

つまり、プログラミングによって、商店街の要望にこたえることが、子どもたちのチャレンジです。



メンターの皆さんが、プログラミングの補佐を丁寧に行ってくださいました。




三原テレビ放送さんも、取材してくれました。

 (8月7日夕方放送予定)





講座の最終回となる8月4日(日曜)は、

中国情報通信懇談会の皆様が視察にお越しくださいました。

たくさんの方に、来ていただき、ありがとうございました!!



子どもたちのプログラミングしたロボホンは、


うきしろロビー(三原駅)

Bingo Sun Market(三原駅の南側)

駅前ドレミ園(三原駅前)


に、8月8日(木)から、一週間程度設置します(※場所によって、設置期間は異なります)。


子どもたちもメンターの皆様もお疲れさまでした!!


閲覧数:108回0件のコメント
bottom of page