• 吉弘 岡田

採択決定!総務省事業

RoFReC岡田です。サッカーワールドカップ、いよいよ決勝トーナメントですね。日本代表、これからさらに頑張って欲しいですね。


さて、朗報です。

このたび、RoFReCを代表団体として、総務省事業を受託することが決まりました!


昨日(6月29日)が報道発表でした。

総務省中国総合通信局のホームページに、採択団体が発表され、

事業の詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください。


RoFReCが目指す地域づくりは、

三原を“IT・スタートアップ集積地域”にする、というものです。

本事業は、上記の旗印を掲げ、プログラミング教育の切り口で、最初の一歩目をふみだします。


三原は、小早川隆景公の時代の城下町、重化学工業の工場地帯として栄えました。

RoFReCは、第四次産業革命時代のMIHARAをつくるために、活動しています。

すなわち、サービス、流通、小売り、製造、建設等あらゆる分野や事業領域で、

IoTやICT等の新規事業が次々と生まれるMIHARAビジョンです。


地域づくりは、人づくりから。これが、RoFReCの基本方針です。

本事業では、小・中学生を対象とするプログラミング等のIT教育に、地域連携の下に取り組んでいきます。

これから、総務省事業に関連する情報発信を、本ホームページでも行っていきますので、

またぜひぜひ遊びに来てください(ブックマークにご登録ください^^)


みなさん、熱中症に気をつけてこまめな水分補給を行ってください。

それでは、失礼します。




60回の閲覧

Copyright © RoFReC inc. All Rights Reserved.